Home ローズクォーツ ギリシャ神話【ローズクォーツの歴史 完全ガイド】愛の石の由来

ギリシャ神話【ローズクォーツの歴史 完全ガイド】愛の石の由来

0
1761

#ギリシャ神話【ローズクォーツの歴史 完全ガイド】

ローズクォーツは、愛と優しさの象徴として知られている天然石です。10月の誕生石でもあることからとてもポピュラーな存在で、恋愛に特化した定番のパワーストーンとなっています。恋愛成就や美と癒しのお守りとして特別な効果があると言われていますが、語源やルーツ、世界や日本でのローズクォーツの歴史をご紹介させていただきます。

そもそもローズクォーツはどんな石?

pNNrIuA9
引用元:lapolo.in

主にブラジル、インド、マダガスカル、アメリカの一部、南アフリカで採掘されている天然石です。 やわらかなピンクの色を表しているのは、一種のクオーツ(シリコンと酸素で構成される天然の鉱物、または二酸化シリコン)です。

ピンク色は、ディディモルティエライトと呼ばれる非常に小さな繊維の含有物から生じ、ピンク色の深さは通常、石の中のチタンとマンガンの量によって決定されます。ローズクオーツは、淡いピンクから非常に深いローズピンクまで様々です。

また、愛の優しさの象徴と言われているパワーストーンでもあり、恋愛運に特化しているので女性にとても人気です。

ローズクォーツの歴史

古代エジプト、ギリシャ、ローマの文明では、水晶を保護と治癒のための強力なお守りとして使用していました。ローズクォーツ水晶の一種として同じ様に使われてきました

。実際に何世紀にもわたって使用されていて、ローズクォーツから作られたビーズは、紀元前7000年前にさかのぼり、現代のイラクであるメソポタミアで発見されました。アッシリアとローマ時代に作られたジュエリーは、紀元前800年から600年にさかのぼります。

エジプト人はローズクォーツが老化を防ぐことができると信じており、石で作られた顔のマスクがエジプトの墓で回収されたと報告されています。南北アメリカの初期の文化では、この石を魔除けに使用していました。中国とチベット人は、紀元前600年以降、ローズクオーツを愛の石として認めていました。

1960年代に、アメリカのサウスダコタで最初に採掘され、それ以来、国の公式鉱物として宣言されました。

ローズクォーツは愛の儀式や癒しの天然石として常に人気があり、感情の波や怒りを鎮め、失望を癒すと言われています。何世紀経った今でも、愛の石のままです。

ギリシャ神話のローズクォーツ

003
引用元:earthegy.com

アドニスとアフロディーテ、キューピッドとエロスなど、愛を刺激するためにローズクオーツを使用した神話の人物についての伝説があります。エジプトの神話では、イシスは神聖な美しさと若さのために使用しました。

アドニスとアフロデーテの愛の話は古典的な神話で、植物と再生の神アドニスは愛と美の女神であるアフロディーテとの恋愛の物語に巻き込まれました。アドニスに対する彼女の執着は、彼女の過去の恋人、戦争の神アレスを激怒させ、アドニスから彼女の身を奪うため復讐をするあらゆる機会を探しました。

アレスは森でイノシシの形をしライバルに致命傷を負わせようと攻撃をしました。アドニスの悲鳴は、アフロディーテに絶望的な注意を引きました。アフロディーテは天国から急いで彼を救い、ブライヤーブッシュに身を包みこみました。

アフロディーテは死にかけているアドニスを腕に抱え、血が混じった地面にイソギンチャクを作りました。床一面のローズクォーツの宝石の白は血と混ざりピンクに染めました。彼らの戦いを見たゼウスは、6ケ月間アドニスをアフロディーテの元に送りました。それ以来ローズクォーツは愛の石としてシンボル的な存在として呼ばれる様になりました。

ローズクォーツの癒し効果

別名ハートストーンと言われているローズクォーツですが、心に深い感情的な傷が残された時やトラウマから回復するのを助けるために使用されます。人生でより多くの愛を切望する人のためのパワーストーンとしても使用されます。これは、必ずしもロマンチックな愛の形をとる必要はありませんが、特に現代では思いやりとメンタルケアの深い感覚を見つけることにおいて使用される事があります。

ローズクォーツとチャクラ

002
引用元:crystalvaults.com

ローズクォーツは第4チャクラの心臓部分のハートチャクラの最も重要な天然石であり、愛の真の本質を教え、すべてのレベルでハートを浄化して開きます。

ハートチャクラは胸骨の中心近くに位置し、外界との相互作用を調節し、優しさと愛で感情をコントロールします。それは自分らしくいられる様バランス能力を与え、感情を明確に理解するのに役立ちます。

また、陰陽エネルギーのバランスも整え、他のすべてのチャクラをハートと調和させることができます。ローズクォーツは、その明るいピンク色の光線の力で、ベースチャクラを穏やかに刺激して身体の若返りを助けます。

脊椎の部分にあるベースチャクラは、運動感覚と運動のエネルギーを制御します。それは身体の肉体的感覚と精神的エネルギーの基礎になっているところです。バランスが取れていると、肉体はパワーを増し、精神的なエネルギーは穏やかな感覚で過ごす事ができます。

日本のローズクォーツ

日本では恋愛成就のお守りとして愛されているローズクォーツですが、恋愛だけではなく持っているだけで美しくなれる石とも言われています。アクセサリーとして使われているのはもちろんですが、美顔ローラーやカッサの様なマッサージの道具としても使われています。

日本でもローズクオーツが採れる!?

ローズクォーツは海外のものがほとんどですが、日本でも採取する事ができます。福島県ではトルマリン、アクアマリンローズクォーツなど数百種類の鉱石が産出される有名な鉱物産地があります。

パワーストーンとしてのローズクォーツ

愛を引き付けることに関して、魔法のように魂の伴侶を引き付けることはできませんが、穏やかな癒しのエネルギーによって、感情的にバランスが取れ、受容性が高まり、他者との相互作用がよりポジティブになると、平穏な関係を維持し、あなたの人生に愛を引き付けるの事ができると言われています。

他人を愛するには、自分を赦し自分自身を愛するところから始まります。ローズクォーツにはただ、人を愛することだけではなく、自分の内側と向き合うことから始める事ができます。

また、美しくなり、若さを保つとも言われています。

持っているだけで艶々な肌や髪を保ち、美容に良いパワーストーンと言われ愛されています。

10月の誕生石

オパールとローズクォーツが10月の誕生石です。恋愛成就に効果があるといわれており、結婚生活の恋愛感を高めたい女性にも人気のストーンです。ローズクォーツは永遠の愛をコントロールし、「愛の絆を深める石」と言われています。 やさしい性質のため、様々な用途に使われることが多く、効果の高い天然石がたくさんあります。柔らかく美しいピンクのローズクォーツを常に身につけることで、心と体を落ち着かせ、育てることができます。 その人の本来の魅力を発揮できるでしょう。

10月生まれの性格

多くの人は落ち着いた雰囲気で、真面目で正義感が強い印象を持っています。落ち着いて人と接する事ができ、葛藤を嫌い、親しみ深さを感じさせます。 恋愛に対して行動することはなかなかできず消極的で、新しい発見ができず、前進することが難しいと思う人が多いでしょう。

自分では恋愛に近づくことができないかもしれませんし、相手に自分の気持ちを伝えることができないかもしれませんし、苦労するかもしれません。恋愛を実現したい場合は、正直さとポジティブさを養うことをお勧めします。 ビジネスでは、積極的に行動し成功を収めることができます。恋愛に発展すると、信頼と誠実さを保つ性格があるため、長期的で安定した絆を築くことができます。 

【ローズクォーツの歴史 完全ガイド】まとめ

ローズクォーツの日本や海外での歴史は、ギリシャ神話から始まりました。現代では、パワーストーン、恋愛成就の天然石として有名ですが始まりはアフロデーテ の悲しい愛の話でした。今ではその可愛らしいピンクはアクセサリーとしても愛され愛用されています。

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here