【ブルートパーズ 完全ガイド】パワーと効果・意味、歴史、お手入れ方法まで

0
194

トパーズは11月の誕生石で、中でもブルートパーズの青く澄んだその色は、見る人に安らぎを与えると同時に愛を育むお手伝いをしてくれます。ささくれだった心に一筋の光で射てくれるような清涼感を持ち、同時に持ち主自身に自らへの愛情を再確認することを促す天然石です。

ブルートパーズに惹かれるあなたは、現在内面をさらけ出せずにやり場のない怒りや不安や悲しみが潜んでいる時かもしれません。トパーズの力を借りて、心を開放してみてはいかがでしょうか。

ブルートパーズについて

blue topaz2

トパーズは多くのカラーがあり、また非常に高い硬度を持つことから古くから宝飾品として使用されてきました。
本来は無色透明な石で和名を「黄玉(おうぎょく)」と言います。トパーズの名前はギリシア語の「捜し求める:Topazos」に由来するという説と紅海に浮かぶ島「トパシオン」に由来するという説、またサンスクリット語で「火」を意味する「トパズ」に由来するという説等多くの諸説があります。

古代ギリシアやローマの時代においては実はペリドットがトパーズの名で呼ばれていたという記述があり、紅海に浮かぶセントジョーンズ島がその主産地だったそうです。トパーズは光や熱の影響による色の変化が激しい石です。はっきりとした理由は分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。

ブルートパーズの意味

11月の誕生石で紀元前から愛されてきたトパーズは喜びや寛容・豊かさ・健康等をもたらす幸せなエネルギーを持った石として有名です。古代エジプトや古代ローマの時代から太陽神の象徴として、人々に護符として愛用されていたと言われています。

また持ち主に勇気と自信を持たせ、富と幸運や自信・博愛の気持ちを宿し、自分の内なる豊かさに気付かせそれを引きだすよう働きかけますので、自己評価を上げたい時等に身につけると良いとされています。

ブルートパーズの歴史

トパーズはフッ素を含むアルミニウム珪酸塩で、産地ごとに多少異なった性質を持っています。多くのカラーを持ち、古くから宝飾品として使用されてきました。本来は無色透明な石ですが、和名を黄玉(おうぎょく)と言います。

日本でこの名前がつけられた時代青色のトパーズは広くは知られていませんでしたが、明治初期頃、滋賀県で大きいトパーズの結晶が産出し、その中には美しいブルーのトパーズも含まれていました。そのほとんどは世界に流出し、この時代の日本は有名なトパーズの産出国として知られていました。

現在市場に流通するほとんどのブルートパーズは、放射線を照射して着色したものです。数ある色の中で「ブルートパーズ」は無色のトパーズに放射線処理したもので、青い色は空にたとえられ「スカイブルートパーズ」「スイスブルートパーズ」「ロンドンブルートパーズ」として流通しています。これらは各国の空のイメージで名付けられています。

ブルートパーズの種類

blue topaz


「スカイブルートパーズ」は、淡いブルーの色をしたトパーズです。すっきりと透き通るような青色をしていて、雲ひとつない晴れた空の色に似ていることから「スカイブルー」と呼ばれるようになりました。「スカイブルートパーズ」は無色のトパーズに放射線処理をした後、加熱処理をして青くしています。

パステル調の青色がアクアマリンに似ていて人気が高く、最もリーズナブルな価格で取引されることが多い石です。
「スイスブルートパーズ」は明るいブルーが印象的なパワーストーンです。「スカイブルートパーズ」よりも濃く、「ロンドンブルートパーズ」よりも明るいトーンの石になっています。

「スイスブルートパーズ」のほとんどは無色のトパーズに放射線処理と加熱処理を施して、明るい青色を引き出させたものです。価格的には「スカイブルートパーズ」よりも高くなることが多いですが、比較的リーズナブルなものも多く、明るい青色が美しいことから人気の高い石になっています。

「ロンドンブルートパーズ」はダークな灰色のトーンをしたトパーズです。暗めで灰色がかった青色をしていますが、ある角度から見ると微妙な緑色のトーンを見せることもあります。「ロンドンブルートパーズ」も無色のトパーズに放射線処理や加熱処理加えて濃い青色を出しているそうです。

3種類のブルートパーズの中でも最も高値で取引されることが多い種類です。

ブルートパーズの特徴

トパーズは比較的硬い鉱物ですが、結晶の上下軸に直角の方向に割れやすい性質を持っている為、弱い方向に軽く打っただけでもヒビや内部亀裂(クラック)を起こすことがあり、場合によっては割れてしまうこともあります。またトパーズは光や熱の影響による色の変化の激しい石です。

はっきりとした理由は分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。トパーズは宝石学では2つのタイプに分類されます。トパーズの最高峰とされるものは、OHタイプに分類され「インペリアルトパーズ」という宝石名で呼ばれており、ややオレンジ味をおびています。

黄玉の名前のモデルになったFタイプは、放射線処理によって様々な彩りを与えられるのが特徴で、ブルーの色を除いて光に晒され続けると退色する性質を持っている為、耐光性を持つOHタイプのトパーズには、インペリアル(最高のもの)という名前が付けられています。

ブルートパーズの効果

トパーズは「友情・希望・知性・誠実」と言う石言葉を持ち、勇気を持って未来に進む為のサポートをする石と言われています。トパーズの最も特徴的な特性としては持ち主にとって必要なものと出会わせてくれる石であると言う事です。探しているものや事柄に出会えると言っても良いかもしれません。

仕事・恋愛・人との縁等、自分が望む物や自分にとって必要なものをトパーズは見つけやすくしてくれるのです。直観力と洞察力を高め曖昧な物事をはっきりさせることで、目の前のモヤっとしたものが晴れていき、自分が本当に何を必要としているのか、何を見るべきなのかが分かってくる、そんなサポートをしてくれる石と言えます。そしてトパーズは欝蒼とした状態を払い、未来に対して希望をもたらしてくれます。

ブルートパーズ×スピリチュアル・エネルギー

blue topaz929769

トパーズは「太陽の石」といわれ、持ち主の潜在能力やカリスマ性を高める輝きの強い石でもあります。同様に、組み合わせた石にも強い輝きとクリアなパワーをもたらし、本来持つ能力を高めて安定させます。同じく輝きの強い石と組み合わせた場合は自己アピール力やスピリチュアルな能力を引きだし、輝きや魅力を高めてくれます。

古代エジプトでは太陽神ラーの象徴とされたトパーズ。栄光と豊穣・明るさを持ち、組み合わせた石の力を引き出しますので、どのような石とも相性が良いでしょう。また持ち主にに必要なものやチャンスを引き寄せる力があり、あなたの直観力や洞察力を高めてくれ、人を好きになったりやりたい仕事が見つかり転職をしたくなったりした時にもその力を貸してくれ、あなたの恋愛を成就させてくれたり、転職のお守りとなってくれます。

そしてトパーズを身に着ければ曖昧な物事をハッキリさせてくれ、憂鬱な気分を払い、明るい希望をもたらしてくれることでしょう。

ブルートパーズ×お手入れ方法

クラスターやセージでの浄化がおすすめですが、月光や流水による浄化も効果があります。太陽光によって退色する恐れがあるので、長時間の太陽光での浄化は避けましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here