Home アメジスト 【アメジストの価値 完全ガイド】7つの偽物の見分け方

【アメジストの価値 完全ガイド】7つの偽物の見分け方

0
3729

アメジストの偽物は、残念ではありますが。人工的に作られたもの、天然石に人工的に着色などの加工をされてパワーストーンとして市場に多く出回っております。日本に限らず、世界中でもそのパワーストーン天然石としての魅力と石が持つ力・効果とそれを体験した方々の沢山の体験談や口コミから多くの方が魅了されています。今回は、そんなアメジストの偽物の見分け方をご紹介します。

crystal 2954389 960 720

アメジストの偽物とは?

一言で偽物と言っても、その差はとても曖昧でこれは偽物!と断言できないものがほとんどです。ガラス玉などを加工し、一から人工的に作られているものは偽物であると言えますが、元の天然石に着色を施したりと、少し手を加えたりする場合もあります。そうしたものは、見分けるのが非常に困難で、プロの方でもひと目見ただけでは分からないそうです。

販売される時も「天然石」として売られていますし、人の手が加えてあっても元はきちんと採掘された石となりますので、偽物であるという認識をする方としない方に分かれます。ですので、人の手が加わったからと言って一概に偽物であるとは言えませんが、出来ることなら何も加工のされていないありのままのアメジストを手にしたいですよね。

crystal 4041867 960 720

偽物と本物の見分け方

色の違い

深く濃い紫色が美しいアメジストですが、本物のアメジストは色が均一ではなく、濃い部分・薄い部分など、一つの石の中で濃淡があり、明るさも異なるのが特徴です。全く変化がなく、全体が全て同じ色味で不自然なほど綺麗な場合は、偽物である可能性が非常に高いです。

透明度

本物のアメジストは非常に透明度の高いものになります。色が濃く透明度のあるものがアメジストは価値が高いとされており、透明感はとても重要視すべき点です。アメジストは「紫水晶」と呼ばれ、水晶の一種なので透明感はとても大事な要素となっています。色が美しくても透明度が皆無の石は偽物であると考えたほうがいいでしょう。

不純物や欠陥

天然のものなので、全く不純物の入っていないものやクラック(ひび)が一切ないものは基本的にありません。素晴らしく状態のいいものも中にはありますが、そうしたものは非常に価値の高いものとなり、価格で判断できると思います。欠陥部分は肉眼で見える傷から、虫眼鏡などで見なければわからなとてもい小さなものまで様々ありますが、本物のアメジストは多少不完全なものとなります。石をよく観察し、天然のものであるかを判断しましょう。

amethyst 3804836 960 720

アメジストの硬さ

硬さは1から10のスケールで測定されます。アメジストは7となり、天然石の中でも硬いものになります。ですので、簡単に傷がつくことはあまりありません。指の爪はスケールが2、ナイフの刃は5となります。また、ガラスに傷をつけることができ、その際石は無傷のままです。アメジストの硬さよりもスケールの低いもので傷が付く場合は、偽物である可能性がかなり濃厚です。

温度

本物のアメジストはひんやりと冷たく感じます。これは水晶の放熱効果によるもので、偽物の場合は冷たさを感じず、肌の温度にすぐ馴染んでしまいます。手に持ったり額に当てたりした時に、触れている部分で冷たさをしっかりと感じることが出来ればそれは本物であると思ってもいいかもしれません。

amythist 515037 960 720

価格

本物のアメジストでも価格は非常に幅が広いので、安いから偽物だ!というわけではありません。本物のアメジストでも、質のあまり良くないものや小さいものなどはとても手頃の価格で販売されています。大事なのは石の見た目と価格が比例しているかどうかとなります。非常に色が濃く深い紫色でとても美しいものが、不自然なほどの安価で売られているのは偽物であると考えて良いでしょう。

専門家の鑑定

一番確実なのは、プロの方にしっかりと見て頂き、鑑定して貰う方法です。アメジストの偽物を見分けるのは非常に難しく、上記チェックポイントを全てクリアしていたからと言って必ずしも本物であるということは言えません。信用のおける鑑定のプロの方に見て頂き、価値をしっかりと確認しておくのは非常に大事なこととなりますので、ぜひ鑑定をされてみてはいかがでしょうか。

research 390297 960 720

アメジストの偽物の見分け方 まとめ

アメジストの偽物の見分け方は、鑑定士であるプロでも見分けがつかないケースがあるほど難しいのですが。他のパワーストーン天然石にも共通して言えるのが、怪しいお店では買わない。かなりお安い、低価格であるなどのケースでは、偽物のアメジストに遭遇しやすいと思った方が良いです。

また鑑定士ではなくとも、出来るだけ本物を見て、触れることで偽物であるか、本物かが分かるようになります。今回ご紹介した偽物の見分け方7つを踏まえて、沢山の本物のアメジストを知っておけば偽物を買うということも避けれるようになります。
※お店の商品や展示品の、パワーストーン天然石を触れる場合はお店のルールに則って見るようにしましょう。

NO COMMENTS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here